こんにちは、ひなこです。

 

今日はいよいよ胚移植当日。

 

平日ですが、旦那もお休みを取って一緒に病院へ向かいます。

 

なんと今晩はノロマで大型の台風5号が直撃するとあって、
雨風が強い中での胚移植です。

 

胚移植時の台風の影響が知りたい方は、
以下のページを参考にしてみてくださいね。

 

 

さて、受付を済まして待つ事しばらく。

 

前回は土曜日ということですぐに案内されたのですが、
今回は月曜日、そして夕方から台風が来るとあって混雑気味。

 

1時間半たってようやく案内されました。

 

待っている間、緊張で吐きそうでした。

 

さて、今回融解した凍結胚は、
もともとのグレードが4BCだったのですが、
融解後も4BCのグレードでした。

 

着床の手助けとして、
透明帯孵化補助法(アシストハッチング)を行われていました。

 

ちなみに前回は、
3ABの凍結胚が、移植前は5BBとなっていました。

 

グレードが全てではないとはいえ、
前回は3から5の段階まで成長していたものが、
今回はずっとグレード4のままというのは気になります。

 

特に、この胚は6日目培養でようやく胚盤胞になってくれた、
前のものよりも成長遅めの子なので、
余計に気にかかります。

 

お腹の中でしっかりと育ってくれるなら問題ないんですが・・・

 

この結果にやきもきしていたところ、
すぐに手術室へ案内されました。

 

今日は私と同様の胚移植を行う方は5名で、
私は2番目の移植となりました。

 

前回と同様、
手術着に着替えて手術台の上で待機。

 

しばらくすると、
先生がスタッフさんと一緒に来られて、
移植が始まりました。

 

前回は全く何もなかったんですが、
今回はチクっとした痛みがありました。

 

しっかりと胚が移動したことを確認して、
5分ほど手術台の上で横になってから
着替え、注射を打って終了しました。

 

その際、ホッカイロを腰に貼るのは大丈夫なのかと聞いたところ、

 

男性
温める分には問題ありませんよ。
ただ、直接は貼らないでくださいね。
腰痛だったら、コルセットとかもしてもらって問題ありません。

 

とのこと。
よかった。まだ若干腰痛が残っているので、
腰を温めつつ足も冷やさないようにします。

 

帰ってからは旦那とまったり過ごしつつ、
グレードのことが気になって仕方がありません。

 

調べて見たところ、
子宮や年齢などの要素にも左右されるので一概には言えませんが、
以下のような妊娠確率であると言われているようです。

 

● AA、AB、BAの胚盤胞の妊娠率:50%前後
● BBの胚盤胞の妊娠率:約30%前後
● BCまたはCBのの胚盤胞の妊娠率:25%前後
● CCの胚盤胞の妊娠率:5%前後
● 初期胚盤胞の妊娠率:20%前後

 

私は4BCなので25%前後・・・
前回は5BBだったので30%前後だったのか・・・

 

うーん、考えてもわからん。
ということで、きっと妊娠すると信じて、
旦那と2人してお腹をさすっておきます。

 

費用や症状に関するメモ

胚移植周期Day17

・エストラーナテープ(2日に1回2枚)
・ルナティス膣錠(1日3回)
・プロゲデポー注射125mg
・オビドレル注射0.5ml

体への反応

・高温期

病院会計

本日会計 : 80,150円
今週期累計: 123,165円
顕微累計 : 771,519円




おすすめの記事