こんにちは、ひなこです。

 

お久しぶりでございます。

今日は前回から約2ヶ月ぶりの診察でした。

 

この2ヶ月間は、
両親の還暦祝いも兼ねて2月下旬と3月上旬に連続で旅行に行っており、
準備もあって妊活からは少し離れておりました。
(食べ物や温活は意識していましたが)

 

昨日生理が始まり、
慌てて電話予約を入れて本日診察の運びとなりました。

 

今日から採卵にむけた注射がスタートです。

 

前回、2日間をあけたら
急に排卵しかけまでLHが上がってしまっていたので、
今回は慎重にちょっとずつ注射を変えながらの治療となります。

 

本当に、一人一人の体に合わせてプランを組んでくださるのがありがたいです。

 

前の病院では、
いきなり「ロング」「ショート」「アンタゴニスト」の説明をされ、
自分で好きなの選んでくれというスタンスで、
わからないなりに「アンタゴニスト」を選んで、
スケジュールもほぼ固定、
注射も患者全員が共通のものを使うというものでした。

 

症例数が多いので、
体がある程度強い人や、
スケジュールが立てやすい方が助かる人にとっては良いのでしょうが、
私みたいに強い薬で無排卵がおきたり子宮内膜が荒れたり、
不整出血がおきたりOHSSになったりしてしまう人にとっては、
一人一人に合わせた治療法を取ってくれる
個人院の方が向いていたのかもしれません。

 

ARTクリニックみらいは、
「ロング」「ショート」「アンタゴニスト」の型を適用することもあるそうですが、
基本は子宮と卵巣の様子を見ながら、
数種類(しかもアンプル自己注射でリーズナブル)の中から患者さんによって薬を変える、
刺激の方法も先生が患者さんの状態を診て提案してくださる、
という形なので、
高額治療ではありますが安心して、信頼してお任せすることができます。

 

さて、少し話が逸れましたが、
今回の私の採卵の刺激方法は、
服薬の薬を前回とは違うものに変え、
注射は前半は前と同じ注射を毎日打ちながら、
早めの段階で内膜と卵巣チェックをし、
続きの薬はその時に決める、
というスケジュールになりました。

 

最初は怖くて緊張したアンプル自己注射ですが、
もはや3回目となると慣れますね。

 

ちなみに血液検査の結果は、
FSHが6.06、LHが4.83、E2が32.4でした。

 

おそらく採卵は3月の最終週となりそうです。
それまで、いいもの食べて、ストレスフリーで頑張ります。
旦那も会社の最終週者を終えてストレスが軽くなっているので、
いい結果になると信じて頑張ります!

 

費用や症状について

採卵周期Day2

・カベルゴリン錠(週一)
・CV-BASEサプリメント(夫婦)
・メラトニン(就寝前)
・アナストロゾール(朝晩)
・ゴナピュール150(1回/日)

体への反応

・低温期

病院会計

本日会計:44,350円
今週期累計:44,350円
顕微累計:1,370,141円




おすすめの記事