こんにちは、ひなこです。

 

今日は、人工授精1回目の卵胞チェックの日です。
前回の診察日である生理5日目から、
5日間にわたってセロフェンという錠剤を飲みました。

 

今回は珍しく、エコーが先でした。

 

エコー後、診察室に戻ってから、
血液検査の結果と照らし合わせてお話がありました。

 

血液検査の結果は以下のとおりでした。

 

検査名称 結果 単位
E2 112 pg/mL
PROG 0.16 ng/mL
LH 5.62 mIU/mL

 

男性
排卵まではまだ時間がありそうですね。
排卵が近くなると、E2の値が200を超えてくるんですが、
まだ112です。
実際にエコーで見た卵胞は15mmなので、
もう数日育ててあげたいですね。
自分
薬が効いていないんでしょうか?
男性
卵胞自体は育っているので大丈夫ですよ。
今回初めて人工的にホルモンを出すお薬を飲んでもらっているので、
その影響で数日遅れているだけです。
自分
なるほど・・・
男性
次は3日後に来てください。
19~20mmになっていたら、注射を打ちます。
日曜日はお休みなので、
18mm以下なら月曜日まで持ち越します。
自分
わかりました、よろしくお願いします。
男性
あ、それとプロラクチンの値も見たのですが、
ちゃんと12ngまで下がっていました。
ただ、もっと下げても良いので追加でお薬を出しておきます。
いつもと同じように飲んでください。
次回薬が終わって数値を見た時に、
1桁まで下がっているようであればお薬は終わってもらって大丈夫です。
自分
わかりました、ありがとうございます。
 

いつも生理開始から11日〜12日で卵胞チェックをする時は
だいたい20mmや21mmのことが多かったので、
今回15mmということでびっくりしました。

 

でも育っているということなので、
3日後にどうなっているかですね。

 

そしてプロラクチンが下がっていてよかった!

 

せっかくの人工授精で、
数値が高いままで何か影響があったら嫌だったので、
これは嬉しい結果となりました。

 

次は3日後です。




おすすめの記事