こんにちは、ひなこです。

 

今日は人工授精二回めの卵胞チェックの日です。
生理開始日から数えて10日目になります。

 

早速血液検査と超音波検査をしたところ、
卵胞サイズは前回と同様15mm、
血液検査結果でも排卵前の数値が出ていました。

 

そして今回、プロラクチンの値をもう一度見てもらったのですが、
なんと「2.09ng/mL」まで下がっていました!

 

これだけ下がればもう大丈夫、とのことで、
今回は追加のお薬をもらうことなく、
飲みきったらプロラクチンの治療は終了となります。

 

次はまた3日後に再び卵胞チェックとなります。
プロラクチンの結果が良い方向に働けば良いのですが・・・

 

さて、

 

先日生理が来てから夫婦で今後の治療方針について話し合いました。
そのことについて先生にもお伝えすると、

 

男性
それぞれのご家庭のペースがありますので、
ご夫婦で話し合えているのであれば、
いつステップアップされるかは自由に決めてもらって大丈夫です。
とりあえず今回も人工授精を頑張ってみて、
それでももし生理が来てしまったときは、
プロラクチンの治療も終了になりますので、
そのまま普通に過ごしていただいて大丈夫です。
自分
特に病院に連絡は入れることなく、ですか?
男性
はい、妊娠された場合は早めに来院してもらいたいんですが、
生理がこなかった場合はそのままで大丈夫です。
またステップアップを希望される月の生理が始まったら来院してもらって、
顕微授精のカウンセリングを受けてください。
うち(八千代病院)では3つの方法のどれかを選んで採卵するので、
そのあたりをカウンセラーと相談して決めて、
今後はその方法に沿った治療スケジュールで進んでいくことになります。
自分
なるほど・・・

 

ということで、とりあえず今回人工授精を行なってみて、
生理が来てしまった場合はそのまま治療を中止して、
自宅でできる妊活だけは継続しつつ、
顕微授精に向けてお金を貯めていく方向で動いていきます。

 

多分年度末を超えるので、
助成金の申請の準備だけはしておかねば・・・




おすすめの記事