こんにちは、ひなこです。

 

今日は採卵日当日でした。

 

朝から退院まで、
そして退院後の症状についてまとめておきます。

 
 

採卵前

まず、朝5時に起きました。

 

正直、夜中はほかの人の気配が気になって全然眠れませんでした。

 

周りの方はぐっすりいびきをかいて眠られている方、
寝苦しいのか寝返りをたくさん打っている方、
とても静かな方と様々な様子でした。

 

明け方になってくると皆さん静かになったため、
私も少しだけ眠ることができました。

 

さて、朝6:30までに身支度を整えて
手術着に着替えるようにとのことだったので、
混み合う前に洗顔と歯磨き、お手洗いを済ませました。

 

手術着に着替えたところ、
それだけでは寒かったので布団の中へ。

 

すると、程よい暖かさと静けさで、
少しうとうとしてしまいました。

 

時間になると、看護婦さんがカーテンの中へ入ってきて、
本日の血圧を測定しました。

 

もともと低血圧気味の私は、
早朝であるということ、
寝不足であるということもあって、
かなりの低血圧の数値となってしまったようで、
計り直しがありました・・・

 

その後、点滴を入れるのですが、
低血圧ということもあって血管がよく見えず、
所定の場所では一度失敗してしまいました。

 

その後血管が見えやすい場所にちゃんと入れてもらえました。

 

点滴が入れ終わったらまた看護婦さんが呼びに来るまで、
しばらく待機です。

 

暇なのと緊張と空腹とでちょっと気持ちが悪くなりました。

 

予め聞いていた手術室への移動の時間が近づいてきたので、
もう一度お手洗いに行っておきました。

 
 

採卵

時間になると、看護婦さんが2人ずつ順番に手術室へ案内してくれました。
普通に点滴をしながら歩いて手術室へ向かいます。

 

私の採卵は2番目らしく、
しばらく更衣室の椅子で10分〜15分ほど待っていました。

 

その後、手術室に呼ばれ、
ベッドに横になり、酸素管を鼻に当てられました。

 

血圧測定のバンドをつけられると、
ピッピッピッピッ
と若干緊張して早めの自分の心音が確認できました。

 

先生と挨拶を交わし、
早速静脈麻酔が入ります。

 

とても緊張していたからか、
途中で脈が大きく揺れてしまいました。

 

男性
!?どうしました?
自分
・・・(なんでもないです!)
男性
・・・もう喋れなくなっちゃってるかな・・・
自分
・・・・・・(なんか意識が遠のく・・・)Zzz
 

意識が落ちるまでの時間は、
麻酔が入って1分もなかったんじゃないかと思います。

 
 

採卵後〜退院

その後、気がついたら病棟のベッドで眠っていて、
生理用パンツとナプキンも看護婦さんがつけておいてくれていたようです。

 

気がついたといっても意識はまだぼんやりとしていて、
かろうじて看護婦さんに質問できる程度でした。

 

自分
卵・・・いくつになりましたか・・・
女性
えっと、ひなこさんは・・・16個ですね。
たくさん取れましたね!
自分
!ありがとうございます・・・
女性
後で膣に入っているガーゼを抜きに来ますので、
まだゆっくり安静にしていてくださいね

 

ものすごく眠くて、
言われた通りゆっくりさせてもらおうと眠りました。

 

次に起きた時、手元のスマホを取り寄せて時間を見てみると、
もう12時でした。

 
私の採卵がおおよそ7時半ごろからスタートだったとすると、
もう4時間以上経っていたとは・・・

 
でもまだ頭がぼんやりして、
さっきの看護婦さんとのやりとりは、
私の夢だったのではないかと思い始めました。

 

その後しばらくして、看護婦さんが膣のガーゼを抜きに来ました。
もう一度卵の数を聞くと、16個という回答が返って来たので、
あれは現実だったか・・・と一人納得。

 

出血も特になく、
あとは点滴が終わって尿が出て、
足取りがしっかりすれば退院できるとのことでした。

 

そこからはとにかく暇でしたが、
ただただ横になって時間が過ぎるのを待ちました。

 

眠ろうとも思ったのですが、
ほかの病室に誰かのお子さんがいらしているらしく、
廊下を駆け回っては注意される子供と親御さんの声で
眠ることは難しかったです。

 

微笑ましいし、私もあんな元気な子が欲しいなとは思うのですがね・・・

 

14時ごろ、ようやく歩いても良いという許可をもらえたので、
さっそくお手洗いに行きました。

 

その後点滴も終わり、
15時ごろになると、
退院の案内をするために看護婦さんが来てくれました。

 

説明を受けて、
私としてはなるべく早く家に帰りたいという思いがあったため、
迎えが来次第退院する旨を伝えました。

 

旦那に連絡を入れて待つこと40分。
そろそろ着くとのことなので、
ゆっくり病室を後にしました。

 

麻酔の影響なのか、
気持ち悪さと全身のだるさはありますが、
足取りはしっかりと車のところまで向かいました。

 
 

帰宅後

車に乗っている最中、
ものすごく気持ち悪くなり、
ぐったり死にかけていたのですが、
家に帰ってパン菓子(マフィン)を
食べたらいきなり元気になりました。

 

どうやら低血糖だっただけのようです。

 

若干全身のだるさは残るものの、
普通に起きてテレビを見たり、
洗濯機を回したりといった軽い家事ができる程度に元気でした。

 

本日は入浴禁止なので、
ご飯だけ軽く食べて早々に寝ました。

 

今回私はOHSSの危険と子宮の状態があまり良くないことを受け、
受精卵はすべて凍結となります。

 

その受精卵がいくつできたのかということを
9日後の診察の際に聞くことになっています。

 

今からドキドキです。

 

費用や症状に関するメモ

採卵後0日目

・採卵手術
・抗生剤服用

体への反応

・全身がだるい
・気持ち悪い

病院会計

本日会計 : 183,890円(次回診察時会計予定)
顕微累計 : 368,760円




おすすめの記事