こんにちは、ひなこです。
今日はアンタゴニスト法9日目です。

 

今日から、ゴナールエフとガニレストは
午前中に注射することにしました。
朝起きて身支度して一息ついて注射。

 

やっぱりガニレストを打つと、
5分〜10分程度はちょっと赤くなってかゆみが出ます。

 

すぐに治るし、
看護婦さんからも問題ないとは言われているんですが、
かゆいのって地味に気になりますよね。

 

さて、カレンダーイベントが嫌いな旦那がいる我が家では、
「ホワイトデー」というものの存在をすっかり忘れていました。

 

まぁ、「バレンタインデー」もなかったので、
忘れても特に問題はないんですが。

 

イベントとしてはやらないにしても、
その日は合法的にチョコやクッキーを貪れる日と認識しているので、
1日遅れではありますが、
今日のリラックスタイムにはGODIVA様のチョコレートを頂きました。

 

ちょっとした贅沢ですが、
頑張っているご褒美としてお紅茶と共に頂きました。

 

きっとこのリラックスタイムの影響も卵たちに良い方向に影響するはず!

 

体調の方なのですが、
なんだか腹部の張りが強くなってきました。

 

きっと卵巣ではギッチリ詰まった卵胞たちが
場所を寄越せとひしめき合っているのでしょう。

 

ちょっとお風呂掃除は
立ったりしゃがんだり水で冷えたりが怖かったので、
しばらくお休みするとして、
明日以降もっとお腹が張ることと予想して、
今日のうちに掃除機とトイレ掃除をしておきました。

 

玄関掃除も体が冷えそうなので、しばらくお休みです。

 

明日の診察で、おおよそ良いサイズにまで卵胞が発育していれば、
明日木曜日の晩にHCG注射を打って、
金曜日の夜に入院して、
土曜日の朝に採卵という流れになりそうです。

 

八千代病院では静脈麻酔による採卵を行うので、
送り迎えが必要になります。

 

核家族世帯の我が家の送り迎えは、
必然的に旦那になるので採卵日が土曜になってよかったなと思っていたところ、
入院の日にバタバタするのも嫌だし、
不安もあるだろうから、
となんと金曜日に有給を使ってくれました。

 

夜入院が控えているからどこにも遊びに行けないし、
私も体調万全ではないので、
ご飯も自分で作ってもらうことになるだろうに
貴重な有給を使ってくれるとは・・・

 

本人は「それは当然のこと」と言いますが、
私にとっては嬉しすぎる予想外の出来事だったので、
これでしばらく彼には頭が上がらないなと思いました。

 

さて、明日の診察も長丁場を覚悟して、
気合を入れて行ってきます。

 

費用や症状に関するメモ

アンタゴニスト法9日目

・ゴナールエフ225単位/日
・ガニレスト注射

体への反応

・おりものの量が増加
・腹部の張りが強くなる

病院会計

本日会計 : 0円
顕微累計 : 164,170円




おすすめの記事